2010. 12. 12  
    暮れに向け手入れの日々が続きます。
    生垣を刈りこんでみたり


    個人的には自然風の手入れをお勧めしていますが、希望により仕上げ方も変えます。
    こちらは刈り込みで仕上げたモチの木と竹を交換した9尺の脚立

    余裕ができた時に脚立の足を交換しました。
    6尺、9尺、12尺と計三脚です。
    写真は癖をつけているところ
    青竹を熱して曲げていきます。


    やはり道具は手作りに限ります。
    何より愛着が違う。
    独立して初めに迷わず作りました。
    木の脚立の良さは乗り心地、ぬくもり、扱いやすさです。
    しいて言えば腐るところとアルミに比べ重いのが難点ですね。
    腐る、壊れる、手作りだからこそ粗末に扱わず、大事にするのだと思います。

    スポンサーサイト



    NEXT Entry
    ふと気付く
    NEW Topics
    ブログ移動のお知らせ
    刈り込みの庭
    自然な庭
    東光庵
    モリゾー
    Comment
    Trackback
    Comment form
     管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    うそり

    Author:うそり
    ツガワランドスケープのブログへようこそ

    植木屋津川の日々をつづってまいります。
    私の仕事、雑記などブログを通じ身近に感じて頂けたら嬉しいです。

    造園、外構の設計、施工、管理など、何でもお気軽にご相談ください!

    FC2カウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QRコード