2012. 02. 25  
    本日、一つの現場が完成、引き渡しとなった。

    ここで少しだけ紹介させて頂きます。

    今回、私にとっても大変貴重な経験をさせて頂いた現場の一つとなりました。
    設計、施工と同時に「お茶」についても今一度勉強させてお頂く機会を頂きました。



    茶の湯の理想とは、世俗の塵埃を離れ清浄無垢の境地に至ること

    日常から非日常
    俗界から聖界へ

    露地とは茶室への「通路」なのだが、塵労垢染をすすぐ禊ぎの場である。

    普通の庭と違うのは実際に使う庭いう事
    様々な約束事があり、規格がある。
    亭主である施主の使い勝手や、客の動きがスムーズに行えることが第一である。

    実際に使ってみると使い勝手がよくわかります。
    亭主としてどう動くのか、客としてどう動くのか

    茶庭造りの面白さと難しさを改めて感じることができました。


    本格的な露地の設計施工は独立してからは初めての仕事になりました。

    今回、私を信頼して下さり、一任して頂きましたお施主様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
    何かと不思議なご縁のあったご夫妻。
    私の植木屋人生、本当に良縁に恵まれ仕事をさせて頂いている事を実感いたしました。

    大変お世話になりました。



    第一期工事にて施工させて頂いたアプローチ部分。
    034_convert_20120225224126.jpg

    芦野石と相木石の石畳
    037_convert_20120225224216.jpg

    寄付より腰掛待合へと続き・・・
    039_convert_20120225224906.jpg

    腰掛待合
    044_convert_20120225224303.jpg

    蹲踞まわり
    051_convert_20120225224433.jpg

    塵穴
    059_convert_20120225224735.jpg

    プロフィール

    うそり

    Author:うそり
    ツガワランドスケープのブログへようこそ

    植木屋津川の日々をつづってまいります。
    私の仕事、雑記などブログを通じ身近に感じて頂けたら嬉しいです。

    造園、外構の設計、施工、管理など、何でもお気軽にご相談ください!

    FC2カウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QRコード